あっためて冷えをとる積聚治療 鈴木みゆき鍼・灸院

アクセスカウンタ

zoom RSS トイレットペーパー

<<   作成日時 : 2008/04/16 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日の北海道ハイテクノロジー専門学校鍼灸学科の新弟子たち…
でなくて、新2年生はトイレットペパー持参での実技です。
もちろん、お尻を拭くわけではありませんよ。
実は、これも立派な鍼の刺入練習のひとつなのです。

私がお師匠様の小林詔司先生講義を受けた24年前…
実際に人の体に鍼を刺す前の3か月くらいは、ひたすら 『物に刺す』という練習ばかり。
それは、米ぬかで作ったぬか枕から始まり、トイレットペーパーや果物や野菜、水に浮かしたリンゴ、最後に桐の板を貫くまで。
これを 『銀鍼』という、柔らかい鍼で練習するのですから、その根気と集中力と、力では鍼の刺入が出来ないことを体感できます。
そして、患者さんのように 『痛い〜』とか『キツイ〜』とか教えてくれない 『物』 から何を感じて学ぶか…

もちろん、2年生ですから、もう人の体に刺すことには十分慣れています。
でも、トイレットペーパーのように、深くなると締まって入りにくくなるとか、芯の硬い部分を貫くのが大変だという経験は今までない訳で。

1本の鍼を丁寧に扱い、神経を集中させて、根気良く…
ぐちゃぐちゃに曲がった鍼をみてから、気づくのでは遅いのですが、曲がった鍼をみて反省し、自分の技量を再確認できる絶好の機会です。

1本の鍼で20分で貫通させる学生やら、1時間かかってもコツをつかんだ学生はその後は5分で何度も入れるとか、2時間かかってもダメ〜とか、人それぞれ。
それでも、1週間の間で、貫くことはもちろん、何かを感じてくれることを願いつつ…

すべては、鍼灸師になりたい学生の皆さん、そして患者さんのため。
単純で、同じことの繰り返しですが、技術を身につけるにはこれしかありませんから。


    鈴木みゆき鍼・灸院  http://www.suzuki-harikyuu.com

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トイレットペーパー あっためて冷えをとる積聚治療 鈴木みゆき鍼・灸院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる